家を売る際にハズせない3つのポイント13a

悪徳不動産に騙されないで!
知らないだけで500万円以上損してるかも。
家を売る際にハズせない3つのポイント

2021年1月4日更新


ローンで組んだ一戸建て、もし売却するのであれば最高の条件で売りたいですよね。

様々な理由があるとは思いますが、
・子供が成長して、家が広くなったから立地のいい場所に住み替えたい。
・自分の持っている不動産の価値を知りたい。
・家を売りたいけど、どこで調べればいいのかわからない。

など売却する理由は様々だと思います。
ただ、不動産の知識がないだけで500万以上も損をしている方が非常に多いんです。

そこで、今回は素人でも家を高く売るために欠かせない
3つのポイントをまとめました。
 

  • 家を売るタイミングは意外と重要!
  • その価格足元を見られているかも?〇〇は絶対に!
  • まずは持ち家の価格相場を確認!

家を売るタイミングはいつが良い?

まず最初に重要なのが家を売るタイミングです。

実は少子化や東京オリンピックなど様々な理由から地価が高騰し2021年現在も不動産価格が年々上昇しています。

ただし現在問題となっているコロナ景気の後は反動で不動産価格が下落する可能性が十分にあるので、好条件で家を売るタイミングは「コロナが落ち着く前」が1つの基準となるんです。

また1年間で考えると毎年4月直前の1月~3月は住み替え需要が大きくなるので、好条件で売却しやすくなります。

その価格足元を見られているかも?〇〇は絶対に!

不動産は家の売却で専門知識が必要なので不動産と売主との知識量の差があり、騙されてしまう方が年々増えているのが現状なんです。

そこで2つ目のポイントで重要なのが相見積もりです。

相見積もりのメリットは価格や相場が分かることだけではありません。
信頼できる業者を見極めるのが本当の目的になります。

複数社の見積りを比較することで、専門知識のない一般の方でも「1社だけ見積り額が低い」「他2社に比べて、1社の見積もり内容が不明瞭」といったことがわかるので、ある程度は金額や内容で不動産の良し悪しが判断できるんです。

まずは持ち家の価格相場を確認!

3つ目は不動産を売却する前に事前に持ち家の価格を把握することです。

不動産を売却するタイミングは、一般の方はそう多くないかもしれません。
しかし、事前に価格を調べておく事で、

・いざ土地や建物を手放なす際にスムーズに取引を進めることができる
・持ち家の価格がどれくらい価値が上がったかを比較することができる
・売却価格を知ることで将来的なライフプランを立てやすい

とメリットが多く、売る売らないに関わらず費用を確認することが重要になります。

業者探しは面倒…賢い人が使ってる便利なサービスは?

「じゃ、早速不動産から相見積もりをもらうか!」
と、いきたいところですが、ここで問題が。

業者探しをされたことがある方であれば分かる通り、自力での業者探しはとにかく大変です。

・不動産のホームページに書いてることは良いことばかり。
・かと言って、電話や対面で1社ずつ確かめようとするとすごく時間がかかる。
・しかも、不動産の売却が少ないため、ちゃんと見極められる自信もない。

このように、自分で業者を探すことには大きな手間とリスクがかかるため、途中で挫折して1~2社で妥協して諦め方も少なくありません。

そこで、オススメしたいのが「一括見積もりサービス」です。

一括見積もりサービスは、簡単に言うと優良業者を無料で紹介してくれるサービスです。

このようなサービスはすぐ売るつもりはなくても将来的に売る可能性があれば利用して大丈夫ですのでうまく活用して、まずは持家の価格がどれくらいなのか、売り時はいつかを把握するために使うことをオススメします!

「契約は慎重に、見積もりは早く」が高く売れるポイント

不動産で絶対損をしないコツは「焦って契約はせずに、先に相見積もりをとってじっくり考える」ことです。

悪徳不動産が多い中、損をする人が多い現状ですが無料で簡単な相談や、相見積もりを行えるサービス多数は多数ありますので、ぜひこの機会に利用してみてはいかがでしょうか?

>>国内NO1実績のある一括見積りサービスはこちら

タイトルとURLをコピーしました